資格取得民間資格 診療報酬請求事務能力認定試験 | 高齢化社会に有利?


資格取得民間資格 診療報酬請求事務能力認定試験

医療事務への関心が高まっています。

とくに女性の間で人気の仕事で、安定した需要があることから目指す人が増えているようです。

医療機関の側でも医療行為を担当するスタッフとジムを担当するスタッフを分けて効率化を図る動きが進んでいるため、今後ますますの需要増が期待されています。

そんな医療事務の仕事に就くためにとくに必要な資格はありません。

何の資格もなくても就職することは可能なのです。

ただ、採用に有利になるためにはある程度自分の事務能力を証明・アピールする必要があります。

そのため医療事務を目指す人の多くは民間資格を取得しています。

そんな医療事務関連の民間資格のひとつが診療報酬請求事務能力認定試験です。

名称からも推測できるように、医療事務、とくに診療報酬の請求に関する知識とスキルを問う資格となっています。

近年受験者が急増しており、注目の資格といえるでしょう。

他にも医療事務に関わる民間資格がありますが、この資格がもっとも難易度が高いとも言われています。

そのため、医療機関の側でもこの資格を所持している人に対して資格手当てを出すといった対応を設けている場合があります。

この試験には受験資格はなく、誰でも受けることができます。

試験は学科と実技の2種類

。実技試験は診療報酬請求を実際に行う実技となります。

合格率は35%前後。

やはりなかなかの難易度となっています。

逆に言えばこの資格を取得すれば医療事務への就職が有利になることが窺えます。