職場のハラスメント対策講座


■□■====================================

  どこまでが指導で、どこからがハラスメント?
  
         「職場のハラスメント対策講座」
     ~参加者には最新版の「ハラスメント規定」を進呈~
   
http://r26.smp.ne.jp/u/No/229064/7BiudFH7ci0D_75623/0924_syokubano.html

====================================■□■

今、ハラスメントを原因とする労務トラブルが増加しています。
厚生労働省の「セクシュアルハラスメント事案に係る分科会」や「職場のいじ
め・嫌がらせ問題に 関する円卓会議」において、職場のハラスメントに対し
て議論されているように、職場におけるハラスメント対策の必要性が高まって
います。

そこでどのような行為がハラスメントとされるのか、また企業としてどのよう
な取り組みが必要なのかについて学び、適切な指導法と対策法を身に付けます。

参加者には、『ハラスメントのモデル規定』をもれなくプレゼントします。


◆日 時: 平成24年9月24日(月)13:00~17:00
      (受付開始:12:30)

◆場 所: 大阪商工会議所 401号会議室(大阪市中央区本町橋2番8号)
       http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

◆プログラム:
    1.職場でやってはいけないこと
      よくあるハラスメントの事例/セクハラ・パワハラの正しい理解/
      やってはいけいない言動  

    2.指導時に伝えないといけないこと
      なぜ若手は打たれ弱いのか/ほめれば、それで良いのか/
      「怒る」と「叱る」の違い/注意・指導は上司の義務

    3.ハラスメントと言われない指導法
      事実と想像の分離/部下の話を聴くときの3つの心構え/
      部下に注意するときに気をつけるべき3つのポイント/
      肯定表現を意識した指導法/指導法の体験

    4.就業規則を改正するときのポイント
      ハラスメント巡る労働問題の動向/ハラスメント規定のイロハ/
      就業規則の改正時の留意点

◆定 員:80名(※満員の場合、大阪府内の中小企業者が優先となります)
    
◆受講料:無 料   (大阪府内に事業所のある企業様、もしくは大商会員企業様)
     3000円 (大阪府域外かつ大商会員でない企業様)

◆講 師:プログラム1~3 山崎 哲弘(経営学修士)
     プログラム4   秦  裕史(社会保険労務士・AFP)

◆申込み:お申し込みは下記のフォームからお願いします。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/229064/7BiudFH7ci0D_75623/0924_syokubano.html

◆受講票:9月18日以降に、ご参加いただけます方に登録されたe-メ-ル
     アドレス又はFAX番号に受講票をお送りします。

◆ご注意:本講座は、大阪府域労働ネットワーク協力事業です。
     このため実施報告が必要となりますので、当日は受講票と名刺を
     1枚ご持参下さい。また受講後、簡単なアンケートへのご記入を
     お願い致しますので、ご協力をお願い申し上げます。

     また士業・メンタルヘルス関連業の方・経営コンサルティング業の方
     のご参加は、お断り申し上げております。予めご了承くださいます
     ようお願いします。

     なお、本案内メールは、メールステーションに登録されている方に、
     業種を特定せずに一斉配信する仕組みとなっておりますので、あらか
     じめご了承ください。

■お問合せ先:大阪商工会議所 経営情報センター
        TEL:06-6944-6353 FAX:06-6946-7214